芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
芸能ニュース一覧|スマートフォン対応|パパラチMAX

★成海璃子ドラマ積木くずし最終章で仰天ヌ○ドキタ━━━(゚∀゚)━━━━!!

★成海璃子ドラマ積木くずし最終章で仰天ヌ○ドキタ━━━(゚∀゚)━━━━!!
突然非行に走った娘と両親の葛藤をつづり、ドラマ、映画も大ヒットした「積木くずし」の完結編「積木くずし 最終章」を中村雅俊、成海璃子、高島礼子でフジテレビがドラマ化し、23日、24日いずれも午後9時から、2夜連続で放送する。

1982年、俳優・穂積隆信が不良になった娘との苦悩の日々を追った手記「積木くずし」は、300万部を超える大ベストセラーとなった。その後、ドラマ化、映画化されて話題を呼んだ。2005年にはその後の家族を描いた続編も同局でドラマ化されている。今回は、今年3月に穂積が一連のシリーズの完結作を出版したことからドラマ化が決定した。

物語は、安住信幸(中村)が、突然病気で亡くなった娘・灯(成海)の遺品を整理していた時、自殺した元妻・美希子(高島)が娘に宛てた「遺書」を発見する。「灯へ、ごめんなさい。最後まで迷惑をおかけします。この秘密は墓場まで持って行くはずでした…」。さらにつづられていたのは「"私はお父さんの娘じゃないんでしょう"。あの叫び声が、今も忘れられません」。果たして灯は、本当に信幸の娘ではないのか。美希子の壮絶な過去、灯の出生の秘密までもがつづられた美希子の「遺書」をもとに、真実が明かされていく。



主演の中村は、「40年近く前に学校の先生役でデビューした時、僕をいじめる教頭先生役が穂積さん。ずっとお付き合いさせていただいていて、今回自分が演じるのは不思議な感覚。『これは本当にあったの』というくらい、すごい話ですが、その中にいろいろなテーマが含まれていて、30年前に感じたのと同じ気持ちで演じさせていただいています」と感慨深げ。その上で、「親が子供を育てるというのは一筋縄でいかないことがある。進路や異性の問題、横道にそれたり…。親として真摯
しんし
に闘わなければならないのは誰もが持っている問題。穂積さんなりに父親として男として俳優としてぶつかったやり方が、良いか悪いかは彼が判断することです。僕が演じることで僕なりの表現ができたらいいなと思います」と意気込む。

また、娘を演じた成海については、「とにかく怖いんです。全力投球でやっているので、本番の時の怖さは本当にすごい。『離せよ』って言われるシーンがあったのですが、璃子ちゃんの芝居は低く抑えた声で言うんです。それがすごく拒否された感じがして怖かった」と称賛している。

その成海。「『積木くずし』はタイトルしか知らなくて、これまでの作品も見ていないので、台本を読んで自分の中でイメージを作って演じています。昭和を知らないのでピンとこないところが多いですが、知らないことを演じるのは面白いです。現代の作品の中では、ありえないような暴れ方とか、セリフとかも結構スゴイので、新鮮に感じて毎日楽しんでいます」と屈託がない。

演技についても「最初は普通で、その後グレて、更生して、またグレての繰り返しの演技で、メーク替えとかもすごく多いです。外見がかなり変わるので、それで入っていけている感じがあります」と話す。30年前の衝撃度は分からないといいながらも、「灯は被害者だとすごく思いました。それで灯の怒りを全部ぶつけようと思って演じました。ただ、母親に反抗して、首を絞めるシーンがあるのですが、灯は殺さないんですね。『親のことは殺せない』って。それがもしかしたら現代とは違うのかな。昭和の時代は根っこで、親はやっぱり親と思っている気がします」と分析をしている。

また、母親役の高島は「『積木くずし』が話題となったとき、高校生で、すごく興味を持って見た記憶があります。でもその時は子供の目線で見ていた。今回、大人・親目線で改めて向き合った時、全然違った感覚でした。台本を実話だとして読むとあまりに切なくて、現実離れしていますが、本当の話。あまりに切ないので実話だと思わないようにして演じています」と語る。

一方、原作の穂積は、「俊ちゃん(中村)とは古い付き合い。僕のことを一番知っているのが彼。OKをいただいた時はうれしかった。『積木くずし』は30年以上前の話です。当時、大ベストセラーになって、娘がそれに反抗して覚せい剤にまで手を染めてしまい、そのことに対して、最近すまない気持ちが湧きあがってきました。娘の由香里は亡くなる前に介護士の資格を取って、お年寄りのために頑張ろうとしていた。彼女は親を恨むことを乗り越え人生の幕を閉じた。それに比べて僕はどう変わっていったんだろうと。由香里の母はお金を使い込んだ罪を感じ、自殺しました。その元妻をどこかで僕は恨んでいて許せなかった。それが今回、元妻の遺書ともいえる日記が出てきて、元妻が自殺した原因が分かったときに逆に申し訳ないと思うようになった。今は二人に僕の罪を素直に謝って死んでいきたいなと思い、今回の本を書きました」と話している。

成海璃子画像@
成海璃子画像A
成海璃子画像B
他画像大量画像置き場はこちら!
芸能ニュース一覧


[ジャンル]|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
[新着TOPICS]12/17更新
新着記事|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX 便利サイトリンク|芸能ニューススマートフォン対応|パパラチMAX
芸能ニューススマートフォン対応
(c)パパラチMAX
All Rights Reserved.
携帯アクセス解析
  プロフィール  PR:無料HP  安い 合宿免許  お見合い結婚  カヤバ工業  中古ホイール 山形  タイヤ ステップワゴン 格安  インストラクター 大学  バイクパーツ 中古  東名自動車学校  ブレスレット  保育士 短期大学  小学校 教員免許 通信  イスト トヨタ 中古  マンションリノベーション